FC2ブログ

スポンサーサイト

-------- | --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ネーデルとロシアとジパング

2009-10-21 | 00:07

10月21日 水曜日

今日ゲームのHP見てみたら次回UPの情報が追加されてました。

目玉の南蛮交易ですが交易所がないようです。そして左画面上に不景気と表示されてました。
不景気って??それと新船もあきらかになりました。
ますます次回UPが楽しみになってきましたね。
史実でも取引は限られてましたから、おそらく相場の概念がなくなって
取引場所の景気次第で値段が決まるのでしょうね。
それとジパングの人たちの衣装。公開されてました。
着物早く着たいな~。

着物といえばネーデルとジパングの関係知りたくて探してたら出てきました。

着物きたネデ人

こちらはオランダ絵画ですが、上記の人物が着ているものは日本の着物です。
ネーデルの全盛期17世紀は、日本の着物が大流行したようです。
特に資産家から始まり、画家などの芸術家が好んできたようですね。
着物を着て、後世に残る肖像画を描いてもらうのを、
誇りにしているように思われます。

もう1枚これもオランダ絵画です。紋付ですね。
着物2

この頃のネーデルは経済大国をつくり上げたばかりでなく、国内においても、
すばらしい芸術文化があったようです。
中でもレンブラントに代表される一連のオランダ絵画は、
西洋美術史上、不滅の光を放っている。そして環境も含め後世の歴史家は
ネーデルをさして17世紀の奇跡という言葉で賞賛しているようです。
またネーデルと日本の関係を知れたので嬉しいな。






ネーデルとロシア大帝

先日知ったロシアの大帝が、お忍びでネーデルに造船修行した事について、
調べてみたら面白かったので簡潔にメモ。

ロシアの大帝 ピョードル 身長2m超える巨漢

この方はロシアをヨーロッパ列強の一員にしバルト海域と黒海海域の覇権取る事を目標とした。
その為に海軍創設など軍事力の強化、
帝国における全勢力を皇帝のもとに一元化した。
東方の辺境国家からロシア帝国に昇格させたのはこのお方です。

ネーデルが海上帝国だった時代、ピョードル大帝はヨーロッパに250名からなる使節団を派遣した。
そして自身も偽名、身分偽り使節団に参加した。当時大帝は25歳。
目的は軍事・科学の専門技術といったヨーロッパ文明の吸収を目的としていたが、
お忍びとは感覚違いでネーデル、イング国王らと懇談したりした。
ネーデルでは自ら数ヶ月船大工となって修行し、イングでは議会など好奇心で見学したりしていた。
つまり海事全般、先進文明を体で知ろうとしたのです。

軍艦アムステルダム号の進水式に大帝は感きわまって市長に接吻したという話もあります。
生涯オランダ語の新聞読む事を日課としていたほどネーデルが大好きだったようです。
その他にも、現在名前違いますが、レーニングラードって呼ばれる都市はアムステルダムを
イメージして同じような湿地の上に10年の歳月を投入して作り上げた都です。

大帝が造船を学んだ際、海軍における旗の必要性に気づき
ネーデル国旗の色の順番を変えて取り入れたという伝説がある。
これは伝説であり事実ではないらしいですが。。

国旗ネデロシア


ゲーム内でネーデル国旗はオレンジですが
1630年代以降は、色褪せしやすい等の理由で現在の赤になったそうです。
ピョードルがネーデルに来たのは1697年なので可能性はありますよね。

ちなみに日本、江戸幕府がネーデルに英才を選んで留学させたのは大帝の166年もあとです。。
地球は丸いのに日本が極東などと呼ばれ
ヨーロッパ中心の世界観がいまだあるのはしょうがないかもですね。
私はこの時代のネーデルラントがまた好きになったのでした。






民主党が出してた相対的貧困率。
今更ただ単に数字だけ取り上げてもね。。
もう何年も前から指摘されてることですよね。
10年以上前からあまり変化してないし。。
世帯別にみると7割が母一人と子供の世帯なんです。
先進国の中で、日本は貧困率が高いのに医療費患者負担も高いのです。
そして医師の数が極端に少ないのです。
問題は低所得者でも対応できる環境つくることですよね。
数字発表して
国債増やすためのイメージつくりですねぇ。。
医療再生計画予算なぜけずったのでしょうかねぇ。。
スポンサーサイト

Comment

Post a comment

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。